FC2ブログ

女心を蝕むセックスレス

男女の性差(恋愛心理・夫婦心理)について真面目に書いています。(注)コメントは個人保護のため非公開。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VIPコースについて

GW割引とは別に、常連さま数人にVIPコースをモニターして頂いていました。

ご指摘いただいたのは、
性感マッサージは5時間程度でいい。

その他、話をいろいろと聞いてもらったり、
一緒に寝たりして欲しいという意見が大半でした。


結果、女性の方も3時間ぐらい睡眠はとるので、
当初予定の値段45,000円は高いとの意見です。

そのようなこともあり、
負担も少なくて済みそうなので、
GW後もVIPコースの代金は据え置きます。





セックスオフ

「恋愛にもセックスにもコンプレックスがあって、ガチガチっていうのかな、
そんな感じになってるの・・・」


仕事が忙しすぎて、ゆっくりする時間はない。
残業・休日出勤・通勤地獄で身体はヘトヘト。

休みの日は、家でゆっくり1週間の疲れをとるか、
エステなどの自分癒しに使ってしまうので、
男性とのセックスなどに使える時間はなかったそうです。

ファッションやグルメや雑貨など
自己完結できる遊びに使っている。

生まれてこの方、ひとりの男性と2回しかしていない・・・
オーガズムも体験していないのでどんなものかわからない、
口技もしたことがない。

そのたった2回の事実がココロよりどころになっていて
「いまどきバージンなんてね~」
と女友達との会話にも必死でしたと・・・。


そんな彼女には
感情的な言葉を少しずつ出して頂いています。
理由は、ココロの壁を消していくためです。

表現する練習・・・
その時、肝心なのは共感するように努めることです。

さもないと
批判 → 防御 → 見下し
の負のサイクルが始まります。

これって、ケンカのきっかけですよね。


他人との距離感は、ほんと難しいです。
関心がないように思われたり、そうでなかったり。。。

ですので、本質に迫るには相手の考え・言葉に”+α”して
ご自身が気づいていない面を気づかせてあげることが大切です。

誰だって『強制された考え』より、『自分で見つけた考え』の方が嬉しいし、
受け入れやすいですしね。


本当は、最も近いパートナーさんがするべきことなのでしょうけど・・・

本質に触れ、いい意味で自然とココロのブレーキはなくなると思っています。




P.S.
2点ほど事後、報告いたします。

1)ホテルが設定している利用時間を元に、曖昧だった施術時間を明確にしました。

2)ショートは中途半端になると意見を頂きましたので、コースを廃止にしました。

自称。日本三大大仏

暇つぶしに行って撮った写真です。
さて、どこでしょうか?

200904271731000.jpg



>>>富山県高岡でした。。。
  性感エステは、遠方のお客さまが結構いらっしゃるのです!

出張マッサージ 某品川ホテルで・・・脳から感じる

立ち仕事とコンピュータの仕事をされている方は
肩こりがひどいことが多いです。

先日、某品川ホテルマッサージをさせて頂いたのですが、
コンピュータ関連の仕事を大阪で
バリバリにされてる20代OLさんでした。

私自身も、同じような仕事をしていることもあり
いつもマニアックな専門用語で盛り上がります。


そんな彼女が
「充足感って、すごく大事」
と言われます。

それは、バイブを使ってオナニーをしても
意識が100%快感に集中できないからだそうです。


働く女性にとって、エッチ・マッサージなど
気持ちがいいことは明日の活力剤です。
しかも、エッチや性感エステは美容液以上の効果があります。

でも、これって脳から感じているからなんですよね。
体から神経を通って脳で感じる・・・
すべては脳のイメージなんです。


性感エステを利用すると
意識は100%快感に集中できます。

猫の手のような感覚で、
触れるか触れないかの微妙な感触で
ゆっくり丁寧に全身をマッサージします。

アロマの香りとマッサージ脳から感じるのです。
貴女のココロとカラダの壁をゆっくりと・・・

極上のエクスタシーを感じて、
たまらなく気持ちがよくなりますよ。

震える程ドキドキ

本来、癒しはウキウキとして利用しますが、
普通?のアロママッサージではないこともあり

「震える程ドキドキ・・・」
「緊張してます・・・」
「怪しくないの・・・」

など素直なお気持ちを申し込み・お問い合わせのときに記載してくれる女性が多いです。


だからといって、

「●●だから、安心して下さい」
「●●だから、信用して下さい」

など私自身のみ考えで無責任に返事を差し上げることはできません。
あくまでも判断するのは貴女なのですから・・・。


ですから、皆さんに共通する「皆さんも緊張したと言われます・・・」という事実のみ、
初めての方で必要であれば文面を添えています。



私事ですが、初めての方にお会いする時はやはり緊張しますし、

「どんな女性かな・・・」
「緊張されていたらどうしよう・・・」
「マッサージ満足してもらえるかな・・・」
「素直な気持ちを話してくれるかな・・・」

など、頭の中の妄想がいっぱいいっぱい膨らみます。

ですので、継続して利用して頂きたいというのが本音としてあります。
まぁ、お気に召されればですけどね。


それに、人それぞれ気持ちいところには違いがあるし、
ココロの状態など考え方も違います。

『ココロの壁』
『カラダの壁』

は一時のテクニックでは無くすことは
100%ではないと思いますが
無理だと思うからです。

だって、貴女の核心に触れていないのですから・・・




女性に贈る『ビジネスモデル』と『ビジネスドメイン』

このブログを見てくれている女性は、
なぜか?教養がある方ばかりなので、
ちょっとビジネスについて話をします。

何でこんな話をするかというと
自分の頭の中を整理するためです。


ですので、興味がなければ軽く流しても構いませんが、
お付き合い下されば嬉しいです。



さて、突然『ビジネスモデル』と『ビジネスドメイン』言われても意味がわからないと思います。
実はこのままでは、私もわかりません。。。

そこで、少し分解してみます。


『ビジネスモデル』
事業として何を行ない、どこで収益を上げるのかという「儲けを生み出す具体的な仕組み」のこと。
つまり、提供する商品・サービス。

『ビジネスドメイン』
どのような人に、どんなものを提供し、どのようになって欲しいかということ。
つまり、最終的な未来のゴール。



このままでは具体的ではないので、
東京ディズニーランドを例に話をします。


ディズニーランドの『ビジネスモデル』としては、
・くまのぷーさんの絵本
・ミッキーなど映画
・ミッキーなどキャラクターのぬいぐるみ
・スプラッシュ・マウンテンなどのアトラクション
・毎日?行われるショー
などがあります。


ディズニーランドの『ビジネスドメイン』については
少し長くなりますが
東京ディズニーランドのプロデューサー、
堀貞一郎さんの書籍の中での言葉を引用させて頂きます。

------------------------------------

「我々の世代も悲しいプレゼントを受け取った経験を持っています。
 戦争という狂気、
 敗戦の廃墟と混乱、
 それに続く浅ましい拝金主義と利己主義。
 もうこうしたプレゼントを次の世代に贈りたくはありません。

 我々は、次の世代に楽しい環境と真の『幸福』を贈りたいと思ったのです。
 『幸福』とはこの地上に生をうけたものが
 生きる喜びと感動を表現する言葉です」

------------------------------------

情熱を傾けた理由はここで記載いたしませんが、
『ビジネスドメイン』はこのようなもので、
決してブレないものです。

だから、毎年訪れても、
みんなディズニーランドで幸せなきもちになれると思います。


理想的なビジネスとは
このように『ビジネスドメイン』がしっかりしたものです。

それがないと、
チーム組織としても迷走したり、
お客さまと良好な関係を築くことができません。


乱暴な言い方かもしれませんが、
お客さまは商品・サービスを購入しなくてもいい。
つまり、お客さま自身が”望む結果”を得ることができればいいのです。

私はそのように思いますが、
貴女はどうでしょうか?


p.s.
ブログタイトルとは全く関係ないのですが、
ビジネスに限ったことでもないと思い書いてみました・・・。

おまえはベッドの上ではつまらない

「おまえはベッドの上ではつまらない」
元キャリアウーマンの方が、
結婚してからパートナーにグサッといわれて傷ついた一言です。


いろいろとお話を聞かせて頂きました。
「セックスレス=セックス負け組」という方程式が
心の片隅にあったせいでしょう。

「ビジネスが楽しくてセックスなんかしている暇はなかった・・・」
「残業でクタクタなのにセックスなんてできなかった・・・」

本音ではない言い訳みたいなセリフが出てきます。
本当に疲労こんぱいだったのかもしれません。

ですが、忙しくても肌のぬくもりを感じたい、
人との温かな触れ合いが日頃のストレスや疲れを癒してくれるってことは
否定されないんですね。


それに、回数が少ないということも
「与えられる愛が少ない」という負けを感じる要素になっているようでした。
30代のワーキング女性は、仕事にも愛にも貪欲なんです。


「気持ちいいからセックスしたい」という感情と、
「パートナーに愛されていることの証明としてセックスしたい」という感情は、
表裏一体です。

まったくのセックスレスで負け組を感じ、
回数が少なくても負け組と感じる。

でも、私は「セックスレス=セックス負け組」とは思いません。
パートナーがやさしくしてくれる、キスをしてくれる、会話が好き・楽しい・・・。
このような要素があれば女性としては充分幸せなはずです。

ですが、それさえしてくれないパートナーであれば、
目的意識もなく、テクニックは磨けない。
セックスレベルはそのままなんですよね。


プレゼンスキル、パソコンスキルや語学スキルはどんどん上達していったのに、
自分の身体は初春のつぼみのように硬く硬く閉ざされたままで、
セックスのテクニックがゼロというのでは、
せっかく女性に生まれてきたのにもったいないです。


p.s.
時期なのか、4月のご予約は異様に多かったです。
そのあおりで、施術をお断りさせて頂いた方が
数十名おりました。

この場を借りて、再度お詫びを申し上げたいと思います。


【GW限定】VIPコース割引

VIPコースを設けましたが
どれぐらいご要望を取り入れられるか
実践モニターしたいと思います。


GWの予定は決まっているかもしれませんが、
5/1~5/10までのVIPコースをご予約の方限り
特別にサービス代を割引いて承ります。

ご協力してくださる方は、メールをしてください。
ぜひ、生のご意見をお聞きして
サービスに役立てたいです。

※アクセス集中してエラーが出るかもしれないので、バックアップの申し込みを設けます。




お茶の水 ビジネスホテルでの話題

「ひとりよがりなエッチにはうんざり」という不満を多くの女性が抱えています。

パートナーにはすごく言いたいのになかなか不満を言い出せなかったり、
思いきっつて伝えてみてもすごく言いたいのになかなか不満を言い出せなかったり、
思い切って伝えても逆ギレされて罵倒されたり・・・。

結局は自分一人で不満を抱え込んでしまっていますが、
いろいろとお話を聞くと、あっという間に不満が出てきたりします。


そもそも女性は男性の行為を「ひとりよがり」と感じてしまうのでしょうか?

「データブックNHK日本人の性行動、性意識」を読むとわかるのですが、
誰もが最後の砦が崩壊しつつある現状にショックを受けるでしょう。

この本に記されている統計は、
日本で最も信頼できる性についての調査結果だと思います。

それによると、
「あなたにとってセックスとはどういうものですか?」という質問に対して
最も多かったのは『愛情表現』という答えでした。

それ以外の回答として『快楽』、『ストレス解消』、『征服欲をみたすもの』と答えています。
これだけ見ても、男性にとってセックスが
いかに自己満足を満たすモノであるかがわかると思います。


逆に、女性は年齢を重ねるほど
『義務』、『不快』、『苦痛』という回答が多いです。
明らかにセックスに対するマイナスのイメージですよね。

女性は、セックスを通して肌のぬくもりから感じ取れる感情、
言葉にならないコミュニケーションを求めています。

だから、
「セックスは欲求を満たすための行為」という男性の考えがチラッと見えてしまったら、
「横にいる私の存在を無視してひとりで完結しないで!」と
空しく感じてしまうのでしょう。

「嫌われてしまうから・・・」など
自分の感情を犠牲にしてしまい
身勝手な男性の行為を受けてしまう女性もいます。

できるだけ女性は、『自分がどう感じているか?』伝えてください。
でも、そんな努力をしても受け入れてくれない、
勘ちがい男が多いです。


先日、お茶の水でお会いした方も
同じように勘ちがい男に困っている女性は多いのでは?
と言われていました。


貴女の周辺ではどうでしょうか?

お知らせ

長い時間、性感エステを楽しみたいと言ってくださる方が増えてきましたので、
VIPコースをつくりました。

かなり大変になるので、
今後どのコースであっても1日1人限定の施術とさせて頂きます。


P.S.
ブログ拍手にコメントを頂ければ、
貴女の悩み・知りたいことなどを取り上げたいと思いますので
どんどんブログ拍手のコメントを書いてくださいね。

性感エステを始めたキッカケ

よく聞かれるのは、なぜ性感エステを始めたのか?
そのきっかけは?ということです。


私自身、女性経営者・お店の女性オーナーさんと知己になることが多く、
よくいろいろなプライベートなことをお聞きします。

社会的にも頑張って成功しているようでも、
誰にも言えずに独りで抱え込んでいる

「悩みや不満」
「もの足りなさ」

が多くあるんですよね。

「誰かに聞いてほしい」
「理解してほしい」


そして、
日常では得られないような

「癒し」
「息抜き・気分転換」

を受けたい。

それで、日常的な気持ちを切り替えて、
あなたが前向きに元気になれるような、
素敵なひとときを過ごす・・・

心と体はやはりとても近いものです。
ですので、両方を満足できるようにと出来上がったのが
性感エステです。

沖縄に行ってきました

4/16~4/20まで沖縄に行っていました。
ちなみに、性感エステがらみではありません。

特に意味がありませんが
久しぶりに訪れた沖縄です。

仕事なので写メでガマンです。
ホントはスキューバーダイビングで楽しみたかったのですが・・・


200904181203000.jpg

性の不一致

よくあるセックスに対する興味本位のブログと思って頂きたくないので
かなり文章としては硬いかもしれません。

ですが、性についての話題を他人と共有することはまずないし、
人それぞれなので
貴女の悩みの参考になれればなと思っております。

性感はあくまでも本業ではないので
一般的な感覚が伝わればいいと思い
真摯に文章を書いております。


さて、本題です。
結婚前と結婚後で夫婦生活がかわってしまうことはよく聞きます。
<<釣った魚には餌をあげない>>というのでしょうか?

でも、結婚した後も同じように接してほしいですよね。
子供ができるなどで、ママになったとしても・・・
結婚して籍をいれているのですから。


離婚した女性にその理由を聞くと、
大抵の人は「嫁姑問題」「夫の浮気」「夫の暴力」などともっともらしい理由をいわれます。

しかし、本音を言えば99%は「性の不一致」が根本的な理由としてあるのでは?
と思っています。
それというのも、夫婦というものは多少の問題はあっても、
セックスをすれば仲良く暮らしていけるのですから。。。

少しでも、
コミュニケーションがとれているというという実感があるということでしょうか?

他人に相談できない微妙な問題です。
もっともプライベートな空間であるので、
夫婦の問題が浮びあがるのです。

夫婦として、
積極的に性問題について話し合いをしてほしいというのがありますが
男は価値観を強制するところがあるんですよね。

セックスレス夫婦 選択の自由|解消・離婚・浮気・克服・不倫

“自由”と聞くと、何かしらよい印象を受けます。

「自由に解消していい」とか
「自由に離婚してもいい」、
「自由に浮気していい」

などと言われると、
普通たいていの人は嬉しいでしょう。

しかしこういう場合には必ず何か束縛するものがあるはずです。


例えば「自由に遊びなさい」
と言っても、何時までとか、どこの範囲でなどといった
時間や場所などの制限が付け加えられます。
こういう制限のない、束縛されない“完全な自由”は、
私達のまわりにないのではないでしょうか。

だからこそ、自由は素晴らしいという印象が
強く私達の間にあるのではないでしょうか。
というのも「自由の牢獄」(ミヒャエル・エンデ)の
“完全な自由とは完全な不自由なのだ”と
いう言葉に私自身が納得させられたからなのです。

たくさんの扉がある中からあなたの自由な意志だけで
すきなように選んでよいと言われた主人公の乞食は、
「どの扉を開くべきか」と戸惑います。

私がその状況にあったとしても、多分同じように戸惑ったでしょう。
自分の自由な意志だけで決められるということは、
一見とても簡単で、自分にとって一番都合のよい条件のように思われます。

しかしそれは、とても苦悩なことなのです。
扉が一つしかないという時、又はこの扉を開けなくてはならないなどという
束縛された場合よりもはるかに不自由なことなのです。

 自由というものは完全であってはならないのではないかと私は思います。
自由が完全であればある程、決断力や行動力が必要となってきます。

しかしその決断力や行動力が欠けていると、
自由という牢獄からはずっとずっと出ることができない。

そうすると、またずっとずっと苦悩しなければならない。
というふうに、自由であるがためにどんどん不自由に閉じ込められてしまいます。

自由が完全であるがために、不自由も完全になってしまうのです。
しかし束縛された中での自由では、こういうことは起こり得ないでしょう。

なぜなら自由が完全でない場合、
どこかに“他人に決められる”という束縛された逃げ道が存在するからです。
自由が自由であるためには、完全な自由であってはならないと思います。

束縛された中にある自由こそ、本当の自由なのではないでしょうか。

※この場合、束縛=制約と言ってもいいかもしれません。

セックスレスの本当の原因

夫にストレートに
『昔はしてたのに、なぜ?』と聞いてみたこともある。

でも、

『気が乗らない』、
『飼っている猫が見ている』、
『部屋が散らかっている』

といった心理的な理由ではない、
目に見える状況しか浮かんでこないから、
そのような理由になるのでしょう。


これは、セックスとは何かって話したり、
サイトに書き込みをしたりしないと
本当の自分の気持ちを分析したりする機会がないからなのでしょう。


相手の存在を認めて、
心づかいをする思いやりが欠けていたり、
お互いに歩み寄ろうとする気持ちが持てなかったり。


セックスレスについて話し合うときも、
話し合いではなくて、
ただの意見の述べ合いになったり。

そのような場合は、
『譲歩する見返りに、何かしてちょうだい・・・』
というロジックになることが多い。

そうすると拒まれている方は
『悩んでいるのは私なのに、なぜ我慢してあなたの言うことを聞かなければならないの?』
と思ってしまう。
拒まれる方は悔しくて、相手の考えを理解してあげることができなくなってしまう。

結果、セックス以外のスキンシップもできなくなってしまう。


『自分の欲望を気持ちよく満たすには、
相手も気持ちいいほうがいい』
ということ気づいていない人は多いような気がします。

女も男ももう少し、
自分と相手の体やその感覚について知ろうとしたり、
セックスを楽しむ手がかりを共有できるようにした方がいいのではないでしょうか?


セックスレスからくる孤独

セックスレスからくる孤独というものは
女性にとって心を深く深く沈めてしまうものです。

愛していれば触れ合っていたい。
でも、私の方を振り向いてもらえない。。。

「もしかしたら、彼は浮気をしているのかな?」
そんなマイナスな面が脳裏に浮かんできて

「なぜ、私を拒絶するの?」
「他に好きな人ができたの?」

と頭を駆け巡る。
でも、浮気なんてどうでもよかった。

それよりも、私の方を振り向いていて欲しかった・・・。


ただ、
誰にも相談できずに、
一人ぼっちで孤独と戦っています。
友達には言えない、親になんて絶対に言えない。

孤独から少しでも抜け出すには、ほんの小さな希望を持つことしかできませんでした。

倦怠期が早くきただけなのかも。
彼の仕事が順調になればセックスレスも治るかもしれない。

でも、その小さな希望さえ、叶わなくなったそうです。。。


ある女性の話です。
もしかしたら、同じように孤独に耐えている方がいるのかもしれませんね。

セックス小国日本

メールでカウンセリングを行っていると
セックスレスの主な理由は
『痛かったり怖かったりでセックスできない性機能障害』が多いです。

こちらは、それなりのプログラムがあるので、
きちんと治療を続けていけばなんとかなります。


パートナーがセックスをしてくれないケースは、次に多いです。
女性側は健康な性欲があるのに、相手が求めてくれない、寂しい、辛い・・・。

こういったお客さまには、
自分がどうしたいかを見つめなおす手助けをしています。
まず、気持ちを整理することが大切ですからね。

出会いは別れの始まり…。
でも、それを悲しんで出会わなかったら、
何も始まらないんだね。

女性の魅力を引き出す「性感マッサージ」

「オーガズムを感じたい・・・」
でも、誰もがすぐに到達できるとは限りません。

貴女には、
意識できているレベルでの理由、
無意識のうちに感じているレベルでの理由など、様々な理由があるからです。


その原因を一つ一つ取り除いていって、
その上で快感の味わい方を自然に引き出していくのです。


もちろん早い人であれば、1回目で到達できます。

一方で、これまでセックス自体を気持ち良いとは思ってこなかったり、
感じるということがイマイチ分からないという方だと、
3回~10回ぐらい掛かってしまいます。


いずれにせよ、2回ぐらいサービスをすればその女性のことは大体わかります。
わかった時点で、私は「あなたはどれぐらいでオーガズムに到達できると思う」とお話します。


女性として見失った。
未だ気付かない。

その「優れた性感覚」に目覚めることで、
女性としての悦びを感じて頂き、
女性の魅力を引き出すのが「性感マッサージ」です。


それで「そんなに時間かかるの?」と思うのであれば、
継続して利用することをやめた方がいいと思いますし、
「やってみよう」というのであればつづけてほしいと思います。


いずれにせよ、気を焦らずに。
あなたにあわせたペースでゆっくりと・・・解放していきます。










にゃんこ時計

夜更かしはお肌の敵です。

女性向けサービス

女性店員だから安心
エルシーラブコスメティック


セキュリティがしっかりとしていて、対応もていねいな、安心して使えるWEB最大のアダルトショップです。

店舗に足を運ぶことにはどうしても抵抗があると思いますが、こちらのサイトでしたらプライバシー保護の観点からも、安心して使うことができます。点数も豊富で、説明もわかりやすいので、アソコの臭いなど、誰にも知られたくない商品を購入する際は訪れてみてください。

プロフィール

やす

Author:やす
寂しい思いをされている方が多いこと、そして心身のバランスをくずしている方も多いことに驚いています。
同じように困っている貴女のために、選択肢の一つである《女性向け 性感エステ》について書いております。

お気に入りブロガーさん

相互リンクの皆さんの新着記事です

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。