FC2ブログ

女心を蝕むセックスレス

男女の性差(恋愛心理・夫婦心理)について真面目に書いています。(注)コメントは個人保護のため非公開。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性的魅力

『レオン』という映画がある。

内容はご存知かもしれないが、
凄腕の殺し屋レオン(ジャン・レノ)と
12歳の少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)の純愛と戦いを描いた作品だ。

中年の殺し屋との間に、友情とも恋愛ともつかない微妙な交流。
それを引き立てるような、あの危うい色気。。。



あの映画を見てしまったなら、少女がどのような大人になるのか、
興味が湧かない人はいないのではないかと思う。


あれから十数年、彼女は完璧な20代女性に成長していた。
「レオン」出演後も着実に女優としてのキャリアを積み、ハーバード大学も卒業。

NHKBS2『アクターズ・スタジオ・インタビュー』で答えるさまは、聡明にして快活・明朗。
女優として申し分なく美しい。
しかし。。。




不思議なものだ。
『性的魅力』に絞って言えば、大人になった今よりも、
12歳で出演したあの映画の方がはるかにあった。

インタビューに答えている20代の彼女は、『セクシー』というより、
どちらかといえば「明るい優等生」という雰囲気で影がない。
というか、少なくとも見えなかった。


あの映画の少女は、なぜあんなにセクシーだったのか?


思うにそれは、人の持っている複雑さからくるのだと思う。

少女はむやみに大人びていて、醒めていて、そのくせ強固な意志を持ち、
常に危機と隣り合わせで、圧倒的に不幸である。

大嫌いな家族と、唯一愛情を感じている幼い弟を持ち、そのすべてを惨殺された。
普通の少女が持ち得ない複雑さを、持たざるを得なかったわけだ。

演出家スタニスラフスキーの有名な理論に、
若い女性を演じるならば、その内部に潜んでいる老婆を、善人を演じるならば、
その人物のどこかにある悪人性を、相反する要素を常に考えるべきだというのがある。


”相反する要素”

それは人間の複雑さ、ひいてはその人の魅力につながっていくと思う。
タフだと思っていた男性が、ほろりと弱さをみせたり、
頼りなさそうな女性が、危機的な状況で意外な強さを見せたりすると、
人はその意外性に、ずるずると惹かれてしまうのだ。



内面と外面のギャップに悩んでいる女性もいるかもしれないが、
”相反する要素”は貴女の魅力につながっていくことを忘れないでほしい。



【二人ゴト】
そう言っても、画一化社会になっているせいか、
”相反する要素”は邪魔で、同じであってほしいようですね。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

にゃんこ時計

夜更かしはお肌の敵です。

女性向けサービス

女性店員だから安心
エルシーラブコスメティック


セキュリティがしっかりとしていて、対応もていねいな、安心して使えるWEB最大のアダルトショップです。

店舗に足を運ぶことにはどうしても抵抗があると思いますが、こちらのサイトでしたらプライバシー保護の観点からも、安心して使うことができます。点数も豊富で、説明もわかりやすいので、アソコの臭いなど、誰にも知られたくない商品を購入する際は訪れてみてください。

プロフィール

やす

Author:やす
寂しい思いをされている方が多いこと、そして心身のバランスをくずしている方も多いことに驚いています。
同じように困っている貴女のために、選択肢の一つである《女性向け 性感エステ》について書いております。

お気に入りブロガーさん

相互リンクの皆さんの新着記事です

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。